人気ブログランキング |

** 9/20 第三日曜日 コーヒー豆セール販売日 **


遅れましたが 
本日、コーヒー豆のセール販売中です 
気温も下がり 秋らしいですね

秋らしいといえば 昨日入荷しました
パプアニューギニア AX のコーヒー 
(AXは粒の大きさ screenサイズ15)





** 9/20 第三日曜日 コーヒー豆セール販売日 **_b0136223_11254523.jpg
















「華やかで コクがあり甘いコーヒーです」 
ニューギニアは位置的にインドネシアの隣 
周りにはビスマルク諸島やソロモン諸島などの
島が点在しています

** 9/20 第三日曜日 コーヒー豆セール販売日 **_b0136223_12270333.png












多様な言語が存在?
人口が673万人ですが(2008年)
853もの言語が使用されています

どうして?そんなに多い言語……

「 時間的要因 」
言語の分裂には約1,000年の時間を要する
パプアニューギニアでは言語誕生から40,000年が経過しているので、
1,000言語以上が生まれたと推測される

5万年前に最初に定住した東南アジア系の言語「パプア語」
2,500年前には  エンガ(Enga)語(現在、約230,000人の話者)や、
フーリ(Huli)語(約150,000人)、
メルパ(Melpa)語(約130,000人)などが発展していった。
また貿易でつながっていた複数のコミュニティヒリモツ(Hiri Motu)語ができる。


「 植民地化とともに新たな言語 」
8世紀後半に北半分がドイツの支配下になり、
南沿岸エリアがイギリス領になると、
パプアニューギニアの言語にドイツ語英語の要素が加わっりました。

「 ハイブリットな トクピシン(Tok Pisin)語 」登場!
英語を基礎として、ドイツ語やその他植民地化前から
パプアニューギニア国内で使用されていた様々な
言語が混ざり合ってできたのが トクピシン(Tok Pisin)語 です

パプアとニューギニアは1949年にオーストラリアの支配下に統一され、
1975年に独立を果たしました。

トクピシン語は第1公用語になり122万人が使用(第2公用語として400万人)しており 
言語が民族のアイデンティティを示す要素となり、国もそれを強みとしている。


** 9/20 第三日曜日 コーヒー豆セール販売日 **_b0136223_13062109.jpg
















 パプアニューギニア内に流れる大きな川   セピック川


文途中にて少々退席 させていただきます 109.png







by ynicosan | 2020-09-20 13:57 | ニコマルシェ | Comments(0)