人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秋、栗、夜長のコーヒーの話  


新ブレンド登場!
焼き栗ブレンド/秋の夜長ブレンド



もう秋ですね 
日暮れ前を撮りました
お店の駐車場から

秋、栗、夜長のコーヒーの話  _b0136223_14083545.jpg

朝晩のひんやりした風が霞ヶ浦の方から丘を登って
吹き上がってきます
【秋、おいしいコーヒーが飲みたい!」

 焼き栗ブレンドの作成


秋、栗、夜長のコーヒーの話  _b0136223_15251814.jpg



 一度(昔8年前ぐらい)、笠間【茨城】で焼き栗のブレンドの依頼が
 いただきました。(^_^;)
 「焼き栗の強いスモークの味にあう、引き立つ味が表現できなくて…」
 くりの甘さは出るのですがスモーキーな味を引き立てるあるいは並ぶ強さが
 出せなくて…

 挫折した経験があります。
 なので 
 【ショコロンファーム】さんからご依頼いただいたとき
 喜んで!と受けました。
 モカの薫り(深煎り)を入れるといいなー
 なんて、楽しみながらブレンドをしていると
 「ん・?」
 いけない記憶がよみがえってきて冷や汗が…  
 「そういえば モカ深煎り使ったことがあるなー」
 
 失敗を活かすには
 今度こそ!いいものを作りたい(焼き栗ブレンド)を
 作りたい!喜んでいただきたい。
 モカの深煎りのイメージは間違っていない
 打ち合わせ時、気品のあるあるいは深い味わいのコーヒーがいいね
 などの要望もあり
 モカの薫りをブレンドにすることは「間違いではない」なと考えました。
 
 1度失敗から離れてみて 「なにをしたいのか」「どうしたいのか」
 「実際、なぜ失敗だったのか?」を考えました。

 いちど本質的なコーヒーからも離れて考えてみました
 (冷静な思考を取り戻したかった)
 経験は豊富(ブレンドつくり)であり
 8年前よりたくさんのブレンドを作り経験も増えている
 
 考え方を変えようかな
 最初の「なにをしたいのか」「どうしたいのか」
 先方の依頼要望はよく理解しました
 【焼き栗】のイメージあるいは焼き栗に合うコーヒーがほしい
 です。
 では作りこむ(ブレンドの味)わたしはどうしたいのか?
 ぼんやりでもイメージでも具体的な方法でも… 
 私がコーヒーを製造し説明し発信したいのは
 うまくやれる(コーヒーつくりを)ことではなく
 (その自身の主張ではなく)
 コーヒーの可能性を広げたい(から)
 今回は栗をテーマにして
 くりを愛する人、焼き栗がほんと好きな人、栗を食べたい人
 その人へ「おいしいコーヒー」を届けて飲んでいただくこと
 それがコーヒーに興味を持っていただけること(それだ)

 あらためて【栗の美味しさ】【焼き栗の魅力】【どうやって焼き栗てできるの?】
 くりのことを考えてみました
 ショコロンファームは焼き栗体験も(10月から)やられているので
 そのことも改めて(打ち合わせの時聞いたことを想い返し)
 焼き栗の煎っているときのイメージが湧いてきました
 「なるほどこういう風にして焼き栗はできるのか」
 あのもくもくでる煙は
 焙煎(コーヒー)の時の煙と同じだ!

 出来上がったモカがこちら

 
秋、栗、夜長のコーヒーの話  _b0136223_14070568.jpg

手網で焼きました
焙煎機だと排気モーターが煙をきれいに吸い取ってしまいます
あの焼き栗のスモーキーな香ばしい甘い味に合うには
手焼きのコーヒーの味が必要なのだなと気づきました。

このモカコーヒー豆ができるとスムーズに
ブレンドが完成しました。

「よかった」
こちらはショコロンファームさんでご購入できます(明日から)
焼き栗購入 栗拾い などのことは こちら ↓



もう1つの秋の夜長のブレンドはまた明日~ 

#ショコロンファーム
#栗ひろい
#コーヒー
#秋
#収穫 




by ynicosan | 2021-09-10 15:36 | コーヒー豆 | Comments(0)